千葉でも家族だけの葬儀は自然な選択

千葉県の葬儀について調べました

千葉県の葬儀について調べましたmainイメージ
都市部だけでなく千葉県全域で家族葬の需要は高まっています。葬儀費用は20万円以下から。最後のお別れを儀式的なことに追われずに過ごせます。

千葉でも家族だけの葬儀は自然な選択

千葉県で家族葬をした場合の費用ですが、20万円以下のプランからあるようです。

通常の葬儀社の葬儀の流れは、ご遺体のお迎え―ご安置―お通夜式―告別式―(繰り上げ初七日)―火葬ですが、家族葬は式を一切行わないで、お迎え―ご安置―火葬というシンプルな形態です。

ちなみに、お寺を呼んだ場合は、プラスお布施になります。

 

■家族葬の需要は都市部だけでない

お葬式は土地柄が本当ににじみ出るもので、人間関係が濃密な地方での家族葬はなかなか難しく、関係がドライな都市部のみと考えられがちでしたが、実際のところ千葉県の葬儀では東京に近い松戸や柏だけなく、沿岸部の地域でも需要はかなりあるようです。

 

■子供にとって家族葬は自然な選択

例えば、年老いた両親が田舎に住んでいて、子供は独立して都市部に住んでいるような場合を考えてみましょう。

年老いた両親の交友関係は限られたものです。

引退して何年も経っているわけですから、会社の上司/部下/同僚という参列者はありません。

そして葬儀を行う子供の方はと言えば、その地域とのつながりは非常に薄くなっています。

○○さんのお身内がなくなったから葬儀に出席しないと・・・と考えてくれる人は、ほとんどいないか、ごくわずかでしょう。

家族葬は、自然な選択ですよね。

お式をどうするか、参列者にどう対応するかに悩まされることがないのは、大きなメリットです。

葬儀の間は忙しくて、悲しむ暇もなかったという言葉をよく聞きませんか?

本当に最後の最後のお別れなのに、表現がキワドイことをご容赦頂くと、火葬までのあと一日二日しかその肉体はこの世に存在しないのに、儀式に追われているうちに終わってしまったでは悲しいと思います。

PICKUP記事

SIDE MENU